〒031-0823 青森県八戸市湊高台4-15-23 アルス湊高台C棟B(白銀駅・陸奥湊駅から車で10分)

営業時間

※平日9:00~19:00(完全予約制
※土曜日は18:00まで

※休診日不定休(日・祝は休診.
別日休診あり)

お気軽にご予約・お問合せください

0178-51-9563

ぎっくり腰(急性腰痛)

ぎっくり腰(急性腰痛)でこんなお悩みがありませんか?

  • 靴下やズボンを履くときに、足を上げにくい。
  • 腰の激痛で体を反ったり、曲げたりなどの動作、歩行が困難である。
  • 起き上がり・寝返り・立ち上がりの際の動作で、腰が抜けそうな感じが起きる。
  • 立っている・座っているだけでも腰が重かったり、痛みでツラい。
  • 毎年・毎月、ぎっくり腰を繰り返している。
ぎっくり腰の画像

ぎっくり腰は、魔女の一撃とも言われており、あまりの激痛で日常生活に支障をきたします。

 

発生状況としては、物を持ち上げた時・朝の起き上がり・長時間の座位からの立ち上がり・洗面所で前かがみ姿勢になった時など様々です。

また、毎年・毎月のように繰り返している方も非常に多いようです。

 

なぜ、ぎっくり腰になってしまうのでしょうか?

下記の内容を読んでいただき、ぎっくり腰に対する知識を深めましょう。

ぎっくり腰が起きる背景

悩みの画像

なぜ、ぎっくり腰になってしまうのか…

体内に蓄積した老廃物毒素長時間の同じ姿勢不良姿勢(長時間の座位や中腰、睡眠時に寝返りができていない)、オーバーワーク血流障害などによって筋が硬くなったり骨盤に不安定性が生じたことで、動作時に腰部や骨盤に強い負荷が加わり、ぎっくり腰になってしまったというケースが多々見られます。

中でも臨床現場で比較的多い2つのぎっくり腰についてお伝えします。

体内に蓄積した毒素・老廃物

暴飲暴食の画像

暴飲暴食によって体に毒素が溜まると、ぎっくり腰が起きるケースがあります。

人間は、食べ物などから栄養と共に化学物質などの毒素も取り込んでいます。

また、体内で作られたエネルギーによって人間は活動できているため、エネルギーが消費されればゴミとなる老廃物が発生します。(運動後の乳酸など)

 

体内に取り込んだ毒素が解毒されなかったり、尿便などで老廃物排泄されず蓄積してしまうと、血流や組織の癒着部分から筋・内臓などに毒素や老廃物が流れ込み炎症の発生や筋などの組織を硬くします

組織が硬くなってしまえば、何気ない動作も組織には強い負荷となり、ぎっくり腰へと繋がります。

特に大腰筋は、解剖的に腸の裏側に存在しているため、腸に溜まった毒素が流れ込みやすく、その毒素によって硬くなってしまうとも言われています。

 

他にも便秘排尿の回数が少ない脱水などの問題もあります。

これらがあると、筋が硬くなったり毒素の解毒尿の生成などが低下して体内に不要なものが蓄積してしまうため、内臓(肝・腎・腸など)や(毒素が蓄積した筋)の施術、食生活の見直しが必要となり、水などのミネラルマグネシウムの摂取が必要になります。

食生活による問題であれば、コンビニやスーパーの惣菜に含まれる添加物・アルコールなどの化学物質・タンパク質過多が疑われますので、摂取制限が必要です。

長時間の同じ姿勢や不良姿勢から動き出しで過度な負担が掛かったもの

不良姿勢の画像

長時間の同じ姿勢や不良姿勢によって骨盤が不安定となり、立ち上がりなどでぎっくり腰になってしまうケースがあります。

こういった方の特徴に多いのが、座位時間の長さです。

 

座位姿勢は、骨盤の靭帯が緩むポジションになってしまうため、骨盤は不安定な状態になります。

骨盤は体の土台ですから、骨盤の不安定体の不安定と言えます。

 

骨盤が不安定のまま動作を行えば、体を支えようとしている筋や関節に強い負荷が掛かってしまうので、ぎっくり腰に繋がる可能性が高まります。

また、中腰などの不良姿勢は、特定の筋への過度な依存を作るため、血流障害を引き起こし、ぎっくり腰へ繋がりやすくなります。

 

ぎっくり腰のタイプは様々あり、筋・筋膜性、椎間板ヘルニア、仙腸関節由来、内臓由来、生活習慣など多岐にわたることから、個人で安易な判断をすると、改善の遅延に繋がります。

”ぎっくり腰はクセになるんですよね?”というお話をよく耳にしますが、クセになっている方の多くは、原因も分からず湿布などで対処している痛みが無くなるまで安静にしているきちんと施術を受けていない自分の生活習慣を改善できていない身体のメンテナンスを怠っている方です。

ぎっくり腰の特徴

炎症の解説画像

炎症によって体に起こる反応

ぎっくり腰になると、発生直後に強い炎症・痛みが起こります。

炎症は、一般的に2日前後続くことが多いですが、稀に10日前後続く方もいるため、痛みのピーク個人によって違います。(炎症が長引く方ほど身体の状態が悪いと考えられます。)

統計上、20代1日30代以上2日ほど炎症が続くと言われいますので、年齢を重ねて起きたギックリ腰ほど炎症の期間が長引いてしまう傾向にあると思ってください。

 

炎症がある状態で施術を行っても、痛みの強さで施術後の変化が小さいことがありますのでご理解ください。(炎症が落ち着いた予後は、痛みが大きく減少します。)

初めてぎっくり腰を経験される方は、病気による痛みなども考えられるため、医療機関の受診をお願いする場合がございます。

ぎっくり腰の改善の流れの画像

※ぎっくり腰が改善していくまでの流れ
(状態によって、改善に個人差があります。)

このようなことを、やってはいけません。

  • いつまでも冷湿布を貼ったり、氷などで腰を冷やす。
  • 痛みが無くなるまで安静にする。
  • コルセットをしながら仕事や運動などで体に負担を掛ける。
  • 薬を飲んで痛みをごまかす。

上記のような対応をしてしまいますと、短期間での改善が難しくなります

 

行うべきことは、血行不良の改善筋・関節・内臓など問題が起きている組織の対応です。

”安静にしているうちに痛みがなくなった”というお話をよく耳にしますが、痛みを感じなくなるレベルまで痛みが落ち着いているだけで、体が改善したわけではありません

その結果、繰り返しのぎっくり腰継続的な腰痛坐骨神経痛などになってしまい、改善に時間が掛かってしまうケースが多々見られます。

ぎっくり腰を繰り返している方は、”なぜ繰り返すのか?”を一度考えてみる必要があります。

患部に問題があるとは限らない。

ヒラメ筋の画像

ヒラメ筋の硬さや押したときの痛みは、ぎっくり腰の前兆とも言われています。

腰部は、体の中でも負担の掛かりやすい部分であるため、どこの影響でぎっくり腰になってしまったのか評価検査する必要があります。

事実、頚部や股関節の問題、足部の問題など個々に原因は違います

 

ぎっくり腰でも特にポイントとなるのが、ヒラメ筋

ヒラメ筋は、腓腹筋の奥にある筋で、この筋が硬くなっている押して痛みがある場合、ぎっくり腰の前兆であると言われています。(個人差があります。)

 

ヒラメ筋は、脛骨神経領域の筋であり、脛骨神経は坐骨神経の枝です。

坐骨神経は、腰の骨の4番~仙骨2番から出ている神経なので、ヒラメ筋にトラブルが起きてしまうと、脛骨神経→坐骨神経に信号が送られて下部の腰骨や仙腸関節に影響を与えます。

こういった背景からも、腰だけ見ていても根本的な改善には繋がらないと言えます。

コルセット・安静はNG!

NGの画像

間違った対応は、改善を遅らせます。

なぜコルセット・安静がNGなのか?

 

まず、血流障害改善されないからです。

血流を促進するためには、筋の作用が必要です。

筋が収縮することによって血液が送られ、血流障害が改善されます。

しかし、コルセットの使用や安静時間が長くなってしまうと、筋のポンプ作用が使えず、血流量が増加しませんので、壊れた組織に栄養や酸素が届かず改善に時間が掛かります。

ですからぎっくり腰を早期改善させるためには、動きながら改善させていくという事が重要になります。

 

次に、原因の改善です。

痛みによって様々な筋に緊張が起こります。

筋の緊張を放置すると、やがて固まってしまってしまうため、改善に時間を要します。

ぎっくり腰の原因は個々に違いますが、関わりやすいものとして腰方形筋多裂筋などの腰部の筋、大腰筋殿筋群内転筋などの股関節筋群、腓腹筋などの足部、肩こりがある方や姿勢による問題の方は頚部に原因があったりします。

また、腎臓といった排泄に関わる内臓、腰部の骨や仙腸関節と言われる骨盤にも原因があったりします。

ですから、全身に原因があると言っても過言ではありません。

 

普段の生活習慣や一時的な筋への負担・行動が、ぎっくり腰の要因になっていることがほとんどですので、その原因が分からない限り、ぎっくり腰の再発に繋がります。

継続した施術が早期改善に繋がる!

施術の画像

施術と運動を組み合わせて血液循環を促すことが、早期改善に繋がります。

ぎっくり腰は、1回で改善しません

なぜなら、痛みのピーク体の状態何が原因になっているかは個々に違うからです。

炎症の経過を考慮すれば、数回の施術が必要です。

 

過去に1回の施術でぎっくり腰が改善したと来院されるお客様が時々いらっしゃいますが、私個人として言えることは、痛みのピークが過ぎてから施術を受けていたからじゃないかと考えます。

しかし、そういった方ほど繰り返している傾向にあります。

なぜなのでしょうか?

 

それは、身体を根本的に改善させていない痛みが無いから改善したという自己判断によるものです。

何度もぎっくり腰をしたり改善に時間が掛かってしまうという方は、現在の身体の状態が悪いことが考えられます。

事実、股関節痛など他の症状へと悪化してしまっている方が多数見られます。

 

原因に対する継続した施術は、早期改善や再発の予防へと繋がりますので、ぎっくり腰になられた経験のある方はきちんと施術を受けましょう。

健康的な身体に作っていけば、簡単にぎっくり腰を繰り返すことはほとんどありません。

たか接骨院では、このように考えています。

症状があるところに原因があるとは限らないため、詳細な検査・施術が必要です!

 

ぎっくり腰だからと言って、腰を冷やす・電気を当てる・痛み止めを飲む・湿布を貼る・コルセットや安静にするなどして、あなたは時間が経てば痛みは無くなる症状が出ている所だけに原因があると思っていませんか?

そのような考え方はやめましょう。

その後、ぎっくり腰を短期間で繰り返したり、改善に時間が掛かっていませんか?

また、痛みがある程度の状態から変わらず、困っていませんか?

 

自分の判断で対応したところで改善が見られない、毎年・毎月のように繰り返すという事は、そもそもの対応が間違っている可能性が高いです。

そもそもぎっくり腰の改善に、数週間・数カ月もかかることはありません

つまりあなたは、何が原因でぎっくり腰になったのかも分からないまま対応や施術を受けているのです。

 

たか接骨院は、全身に着目して整体を行っています。

全身を検査しながら施術を行っていくため、症状がある場所原因がある部位に関係がないことをお伝えできます。

たか接骨院では原因だけを施術するため、ぎっくり腰が改善されていくのです

整体後、あなたはこのような変化を手に入れます。

  • 歩くことが困難だったのが、マシになった。
  • 今まで安静にしていたが、施術によっていつもよりぎっくり腰の改善が早くなった。
  • 来た時よりも、真っ直ぐ立てるようになった。
  • なぜぎっくり腰になってしまったのかを知ることができた。
  • 仕事や育児に、早く復帰できた。
  • 靴下を履く動作が楽になっていた。

ぎっくり腰(急性腰痛)でお困りなら

たか接骨院 院長の佐々木です。
あなたのお悩みを解決します!​

様々なことを試してもぎっくり腰が改善しない場合、あなた自身が対応できる状態ではない別の原因によるものであるという事になります。

 

たか接骨院は、数々の臨床経験からぎっくり腰に関する経験・知識が他院に比べて豊富にあり、きちんとした問診検査全身から原因を見つけます

そこからお伝えできることは、症状のある所に原因があるとは限らないという事。

今までいろいろなところに通ったが改善しなかったという方は、原因を見つけられない施術家に出会っていた可能性が高いと考えられます。

 

施術は、筋・内臓・頭蓋・関節・神経・血管を使ったオーダーメイド整体で、原因に対して正確に施術を行っていき、身体の状態と日常生活での問題点をお伝えさせていただきます。

また、あなたのライフスタイルを考慮し、生活指導をはじめとする日常での立ち方・座り方・体の使い方・セルフケアもお伝えします。

ですから、あなたのギックリ腰を改善に導いていくことができるのです。

 

たか接骨院の整体で、健康的な身体を一緒に作りましょう

ぎっくり腰お悩みの方は、ぜひご検討ください。

ホームページを見たあなただけに
特別なご提案があります。

初回お試しの案内画像

関連するページのご紹介

こちらのページを読んだ方には、下記のページもよく読まれています。ぜひご一読ください。

ご予約・お問合せ

お電話でのご予約・お問合せ

0178-51-9563

フォームでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

新着情報・お知らせ

2022/11/22
12休診日のお知らせ】
3日(午後)6日
11日(午後)
19日22
27日28日
出張のため、休診となります。

年末の営業は、27日午前までとさせていただきます。

年始は、1月5日からとなります。

ご予約される方は、お早めにご連絡ください。
2020/07/06
「施術メニュー」ページを更新しました
2020/07/03
「選ばれる理由」ページを作成しました

たか接骨院

住所

〒031-0823
青森県八戸市湊高台4-15-23
アルス湊高台C棟B

アクセス

白銀駅・陸奥湊駅から車で10分

営業時間

※平日9:00~19:00(完全予約制
当日予約は、13:00までにご連絡ください)

休診日

不定休(日・祝は休診、別日休診あり)

※出張・所用等により、急遽お休みをいただく場合がございます。ご了承ください