〒031-0823 青森県八戸市湊高台4-15-23 アルス湊高台C棟B(白銀駅・陸奥湊駅から車で10分)

営業時間

※平日9:00~19:00(予約は、前日までにお願いします
休診日不定休(日・祝は休み)
※完全予約制

お気軽にご予約・お問合せください

0178-51-9563

脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症でこんなお悩みがありませんか?

  • 腰を反ると、お尻や足に我慢できない痛みがある。
  • 10分も歩くと腰が痛くなってきたり、足が痺れたりして、休憩しながらでなければ長い時間歩けない。(間欠性跛行)
  • 立っているだけでも、腰や足がツラい。
  • 前かがみ姿勢になると、なぜか症状が楽になる。
  • ”骨と骨が狭くなっている”と伝えられ、改善を諦めている。

脊柱管狭窄症は、中高年に多いとされる腰痛で、レントゲン・MRIなどの検査によって骨と骨の間に狭窄部位を確認することができます。

原因として考えられるものに、加齢や外傷、腰痛の重症化などで骨の退行性変形が起きてしまい、腰を反った時に脊柱管の中を走っている神経根や血管を圧迫し、痛みやシビレなどを引き起こしてしまうと言われています。

なお、前かがみ姿勢になることによって狭窄部位の神経・血管への圧迫が軽減し、症状が軽減される特徴もあります。

しかし、椎間板ヘルニア・骨粗しょう症・腫瘍など他の要因によって引き起こされる場合もあるため、まずは整形外科を受診し、判断してもらうことが必要です。

”明らかな骨の変形による神経・血管の圧迫3分以内の間欠性跛行立位保持が1分もできないなどの症状があると、手術適応の可能性が高まりますので、早期の対応が必要です。

が、中には例外もあります。

それは、骨同士の狭窄が””や”他の関節の影響によって起こっている場合です。

カウンセリングや検査を行って”筋緊張によって腰が反るような状態になっている””骨盤が前に傾いてしまうことで腰に負担が掛かっている””股関節が固まって動きが出ない”など”脊柱管狭窄症に見える”ものは、徒手による施術が可能なことがあります。

脊柱管狭窄症であれどタイプは様々あるため、複数の検査によって施術できるものと出来ないものを評価し、できる範囲の施術を行っていきます。

脊柱管狭窄症を改善させるポイントは、腰部の骨・骨盤・股関節

ぜひ以下の内容を読んでいただき、改善できる脊柱管狭窄症の知識を深めて、自らの健康に努めましょう。

脊柱管狭窄症の説明の画像

脊柱管狭窄症を改善に導く3つのポイント!

  • なぜ、腰を反ると痛くなるのか?
  • 歩行時痛に、股関節を見る?
  • なぜ、股関節が悪くなったのかを考える。

なぜ、腰を反ると痛くなるのか?

腰を反ると痛みが出る要因について、以下のようなことなどが考えられます。

  • 腰部の状態が、常に反った状態になっている。
  • 骨盤の動きが出ない。
  • 股関節の動きが悪い。
反り腰の写真

反り腰は、腰部への負担が
大きくなります。

1)腰が、”反った状態”になっている

通常、背骨(頚部~腰部)はS字状になっており、腰部はやや前側にカーブ(前弯)しています。

腰部は前後の動きを得意とした構造で、胸椎に近い骨ほど動きが小さく、骨盤に近い骨ほど動きが大きいという特徴があります。

しかし、前後の動作に腰部の骨だけが動いているわけではありません。

全身の筋や関節が連動することによって、一つの動作を成立させているのです。

脊柱管狭窄症・腰痛・ヘルニアなどで、L4・L5といった下部の腰椎に痛みが起こりやすいのは、もともと脆弱であるため、何かしらの要因で過度な負担が掛かっているからです。

反ると腰が痛いという方の特徴として、腰部の骨のカーブが通常よりも前方に強くカーブしている特徴があります。

いわゆる”反り腰”と言われるものです。

反り腰になると、常に腰を反っている状態になります

この状態だと、腰部の関節に圧縮のストレスが常に掛かっているため腰へ過剰な負担が掛かります。

特に圧縮ストレスが掛かりやすいのが、L4・L5といった動きの大きい骨なのです。

ですから、反った時の痛みを軽減させるためには、腰部の過剰なカーブを改善させて圧縮ストレスをを軽減し、腰部の関節がスムーズに動けるような位置に整えなければなりません。

この部分に関係が深い筋が”大腰筋”です。

大腰筋は、腰骨の前側に直接ついている筋で、硬くなると腰骨のカーブを強くする特徴があります。

もし大腰筋が硬い場合は、施術ストレッチで筋の硬さを取り、腰部の緊張を和らげることがポイントになります。

また、腰の骨の関節に問題がある事もが多いので、”ケンプテスト”と言われる検査で評価をし、痛みが誘発される場合は、関節に対する施術を行う必要があります。

ケンプテストの解説

ケンプテスト:立位もしくは座位で、体幹を側屈・回旋・伸展し、痛みが誘発されるのであれば、腰の椎間関節(骨と骨の関節)に問題があると疑われます。

骨盤の動き画像

骨盤は動作時によって、
様々な動きをします。

2)骨盤の動きが出ない

骨盤・腰の椎間関節・股関節は、連動して動きます

腰の骨が前に偏位(前弯)すると骨盤は前傾し、腰の骨が後ろに偏位(後弯)すると骨盤は後傾します。(イレギュラーもある。)

これが体の運動連鎖と言われるもので、”体のバランスを保つために、どこかが動くと他の部分が動か”という無意識な体の連動てす。

例を挙げると、反る動作では、”頚部を反る背中を反る腰を反る骨盤が後ろに傾く”という動きが、連動して行われます。

前屈であれば、”首を丸める背中を丸める 腰を丸める骨盤が前に傾く”という動きが、連動して行われます。

しかし、連動する動きのどこかに問題が生じると、痛みや動きの制限の原因になるのです。

たか接骨院で臨床上多く見られるのが、反った際に骨盤が全く動かず、頚部・胸部・腰椎だけで反っているという方です。

この時に骨盤がどうなっているかというと、前に傾いて固まった状態。

これでは、腰部が過度に前弯してしまい、圧縮ストレスが強く掛かってしまうため、痛みが出るのは当然です。

通常であれば、反った時に骨盤が後ろに傾いて腰部の圧縮ストレスが解放され、痛みの出にくい状態になるのですが、骨盤が前に傾いていると腰は反った状態になっているので、痛みが出やすくなるのです。

ですから、施術で骨盤に動きを出すよう行っていきます。

その時に見てほしいのが、臀筋群大腰筋・腸骨筋になります。

殿筋群の中でも”大殿筋”は、骨盤を後ろに傾ける働きがあるので、大殿筋が硬かったり、使えなかったりしている方ほど骨盤を後ろに傾けることが出来ないという事になります。

大腰筋・腸骨筋は、骨盤を前に傾ける働きがあるので、大腰筋などが硬くなると骨盤は前に傾いたままになります。

骨盤の動きを出すという意味では、骨盤についている臀筋群や骨盤と関係が深い大腰筋・腸骨筋などを最初に見ていくことや骨盤を直接アプローチすることもポイントになります。

股関節の動きの画像

股関節は様々な動きができる自由度の高い関節です。

3)股関節の動きが悪い

上記の内容を含めながら股関節の状態を検査すると、様々な発見があります。

”股関節を曲げた時に多い”のは

・90°の辺りで止まる。

・足の付け根(鼠径部)に痛みや詰まる感じるがある。

・膝が外に開いていく。(O脚の人に多い)

・腰に痛みが出る。

などです。

また、股関節を”開いたり(外旋)閉じたり(内旋)の動き”をチェックしてみると、

・閉じることはできるが、開くことはできない。

・開くことはできるが、閉じることはできない。

といった偏った動きになっている方が多いです。

つまり、本来の股関節の動きに制限があるという事。

股関節は、骨盤・腰椎とセットで考える必要があります。

例えば、股関節が”内側に捻れてX脚や内股”になってしまうと、”骨盤は前に傾き”、”腰部は反った状態”になります。

逆に、股関節が”外側に捻れてO脚やガニ股”になってしまうと、”骨盤は後ろに傾き”、”腰部は曲がった状態(猫背)”になります。

ですから、股関節の状態を改善しないと骨盤や腰部への負担となるため、それを長期間放置してしまうと脊柱管狭窄症といった症状へと繋がってしまうのです。

股関節に関係する筋は、腰部・骨盤・大腿骨にくっついているのがほとんどなので、硬くなっている筋を緩め、股関節を形成する骨盤と大腿骨の位置が崩れているのであれば、関節を修正して股関節の動きをスムーズにさせ、腰部や骨盤への負担を軽減させる必要があります。

歩行時痛に、股関節を見るのは必須。

症状出るまでのフローチャート

歩行時の腰の痛みに
腰を見ていても改善はしません。
見るべきポイントは、股関節です。

歩行動作のメインは、股関節骨盤です。(腕の振りなどもあるので、脊柱・肩甲骨・腕なども関与します。)

臀筋群腹部の筋骨盤太ももの筋など股関節に関係する筋が動くことによって前に足を運ぶ、地面を蹴る、まっすぐ歩けるよう骨盤を安定させるいったことが可能になります。

ですから、歩行時に腰部に痛みが出るからと言って腰部に問題があるのではなく、股関節の影響によって腰部に問題が起きていることが多いなのです。

上記でもお伝えしましたが、股関節の動きが悪くなると骨盤や腰部に影響を与えます。

脊柱管狭窄症の方には、ガニ股左右に揺れながらの歩行踵を擦るベタ足での歩行など様々な特徴を持った方がいらっしゃいます。

お客様のお断りをいただいて靴底を見させていただくのですが、正しい歩き方が出来ていればしっかり足裏に荷重が掛かるので、足裏の形のように靴底のゴムが擦り減ります。

しかし、脊柱管狭窄症の方の靴底を見てみると、ゴムの擦り減りが一部の範囲に偏っています

踵だけが擦り減っている外側が擦り減っているつま先が擦り減っているなど様々で、この靴の状態からどこに荷重が掛かって、どういった筋に負担が掛かっているかおおよその検討がつきます。

もし、歩行時痛がある方は、自分の靴底がどういう状態なのか確認してみましょう。

歩行時痛を改善させるためには、一部の筋への過剰な負担を軽減させ、使われていない筋を活性化することで、正しい歩き方を身に付ける必要があります。

そのためにも股関節の動きを確認し、柔軟性や動きのチェックをおススメします。

なぜ、股関節が悪くなったのかを考える。

正しい座り方の画像

なぜ、股関節が悪くなっているのか
考えましょう。

股関節が悪くなる理由は様々あります。

座り方立ち方横になったままテレビを見ていたり、足を組むクセなど常に負担のかかるのが股関節です。

長時間同じ姿勢のまま過ごしていれば、動かさない筋は硬くなったり、弱化してしまいますし、間違った身体の使い方をすれば、一部の筋に大きな負担が掛かります。

多くは”間違った行動の積み重ね”によるもので、ほとんどの方はそれが原因になっていると気づいていません。

慢性症状というのは、すぐには発症せず、時間が経過してから発生します。

ですから、いつ症状が出るかは誰にもわからないのです。

今一度日常生活を見直し、不良姿勢や偏った体の使い方をやめましょう

”自分の身体は自分で管理しなければ改善しない”という事を肝に銘じてください。

【知ってほしい事】

代表される症状に、間欠性跛行があります。

間欠性跛行は、歩いているうちに足に痛みやシビレが起こり休憩することで症状が軽減されます。

しかし、また歩き続けているうちに痛みなどが再発し、休憩を繰り返しながらでないと長時間の歩行ができなくるのが特徴です。

この状態を放っておくと重症化して、短い歩行時間で痛みやシビレが起こります。

その結果、精神的にも歩くことが苦痛に感じて活動量が減り、寝たきりになってしまう可能性もあるため、施術するにあたっては早期の対応が必要です。

3分以内の間欠性跛行が起きてしまうと、手術の可能性が高まります。

しかし、手術をしたからと言って100%改善する保証はありません

大事なことは、”酷くなる前に原因に対して対応する”ことです。

間欠性跛行の説明画像

間欠性跛行
歩いているうちに足にシビレや痛みが発生し、休憩すると状態が緩和するため、再び歩けるようになるのが特徴です。
しかし、状態が悪くなっていくと、短い歩行時間で足に痛みやシビレが起きるようになり、改善しようにも時間を要します。

タイプ別の間欠性跛行の解説画像

間欠性跛行にもタイプがあるため、対応が変わってきます。
神経性 … 前かがみになると楽になる
血管性 … 立ち止まると楽になる(姿勢はあまり関与しない)

身体を動かすことが大事

お風呂に入る画像

身体を動かし、血液循環を促しましょう。

出来る範囲で”身体を動かす”ことが大事です。

安静にして改善することはありません

例え安静にしてその場の痛みが無くなっても、ほとんどの方が簡単に”再発”もしくは”悪化”しています。

それは、そもそも原因が改善されていないため、痛みがないからといって通常の生活に戻した際に再び身体に強い負荷が掛かり、痛みが出てしまうのです。

現在、整形外科学会では運動療法を推奨しています。

股関節であれば、四股踏み股関節前面を伸ばすストレッチといった運動が必要です。

もちろん、できる範囲で構いません。

やらないよりやった方がマシです。

早く改善したいと無理に頑張っても、すぐ結果が出るわけではありません。

逆に無理をしすぎると、壊してしまう可能性もあります。

時間をかけて壊れた体は簡単に元に戻りませんので、コツコツやるしかないのです。

世の中が便利になり過ぎて本来の活動量が減っています。

原点に返って身体を動かすことを行いましょう。

腸腰筋のストレッチ

大殿筋のストレッチ
(床に座って行う場合)

大殿筋のストレッチ
(椅子に座って行う場合)

たか接骨院では、このように考えています。

改善できる範囲のものは、症状があるところに原因があるとは限らない!

骨と骨が狭くなっているからといって腰を牽引したり、症状軽減のために注射・薬・湿布を貼るなどして、あなたは”症状が出ている所だけに原因がある”と思っていませんか?

そのような考え方はやめましょう。

実際、牽引・薬・注射・湿布などで何か変わりましたか?

症状が出ている所に繰り返し施術を行ったところで改善が見られないという事は、”そもそも症状があるところに原因がない”可能性が高いのです。

つまりあなたは、何が原因で脊柱管狭窄症になっているかも分からないまま施術を受けてしまっているのです。

たか接骨院は、全身に着目して施術を行っています。

全身を検査しながら施術を行っていくため、症状がある場所と原因がある部位に関係がないことをお伝え出来ます。

たか接骨院では症状の原因だけを施術するため、ムダがなく脊柱管狭窄症が改善されていくのです。

整体後、あなたはこのような変化を手に入れます。

  • 体を反っても、腰のツラさを気にすることが無くなった。
  • 前よりも休まず歩けるようになった。
  • 長時間立っていても、家事ができるようになった
  • 足に出ていた嫌なシビレが気にならなくなった
  • 山登りが出来るようになった。

それでも脊柱管狭窄症にお困りなら

たか接骨院 院長の佐々木です。
あなたのお悩みを解決します!​

もし、上記のようなことをしても症状が楽にならない場合、あなた自身が対応できる状態ではない、もしくは別の原因による症状であるという事になります。

たか接骨院は、数々の臨床経験から脊柱管狭窄症の専門として経験・知識が他院に比べて豊富にあり、問診と検査で全身から原因を見つけて正確に施術します。

今までいろいろなところに通ったが改善しなかったという方は、原因を見つけられない施術家に出会っていた可能性が考えられます。

そして、原因の説明と日常生活での問題点、あなたのライフスタイルを考慮した生活指導をはじめとする日常での立ち方・座り方・体の使い方・セルフケアまでお伝えします。

そこからお伝えできることは、症状のある所に原因があるとは限らないという事。

ですから、あなたの脊柱管狭窄症を改善に導いていくことが出来るのです。

施術は、検査・評価をもとに筋膜・内臓・頭蓋・関節・神経を施術するオーダーメイド整体です。

脊柱管狭窄症でお悩みの方は、ぜひご検討ください。

たか接骨院の整体で、健康的な身体を一緒に作りましょう。

関連するページのご紹介

こちらのページを読んだ方には、下記のページもよく読まれています。ぜひご一読ください。

ホームページを見たあなただけに
特別なご提案があります。

初回お試しの案内画像

ご予約・お問合せ

お電話でのご予約・お問合せ

0178-51-9563

フォームでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

新着情報・お知らせ

2021/10/25
【11月のお知らせ】
※11月
全国高等学校ラグビー選手権大会青森県予選会が青森市で行われることとなり、八戸工業高校ラグビー部のメディカルとして帯同するため、休診となります。

※11月13日・18
青森県高等学校ラグビー新人戦が八戸市南郷区で行われることとなり、八戸工業高校ラグビー部のメディカルとして帯同するため、休診となります。
2020/07/06
「施術メニュー」ページを更新しました
2020/07/03
「選ばれる理由」ページを作成しました

たか接骨院

住所

〒031-0823
青森県八戸市
湊高台4-15-23 アルス湊高台C棟B

アクセス

白銀駅・陸奥湊駅から車で10分

営業時間

※平日9:00~19:00
当日予約は13:00までにご連絡ください)

日・祝のご予約を希望される方は、2日前までにご連絡ください。
(別途料金をいただく場合がございますので、ご了承ください)

休診日

不定休(日・祝は、休み)

※出張・所用等により、急遽お休みをいただく場合がございます。ご了承ください