〒031-0823 青森県八戸市湊高台4-15-23 アルス湊高台C棟B(白銀駅・陸奥湊駅から車で10分)

営業時間

※平日9:00~19:00(完全予約制
※土曜日は18:00まで

※休診日不定休(日・祝は休診.
別日休診あり)

お気軽にご予約・お問合せください

0178-51-9563

肩の痛み(四十肩・五十肩・肩関節周囲炎など)

肩の痛みでこんなお悩みがありませんか?

  • 服を着る時、肩の痛みで袖に腕を通すのがツラい。
  • 肩の痛みで洗濯物を干すことができない。
  • 睡眠中や夜間時に、肩の痛みで目が覚める。
  • 肩の痛みで髪を結んだり、腰のあたりで紐が結べない。
  • 肩に電気を当てたり、湿布を貼る、揉んでもらうも、一向に改善しない。
肩の痛みの画像

安易に考えられているのが、肩の痛み

肩に痛みがあると、服の袖に手を通せない・洗濯物が干せない・就寝時に痛みがあって眠れないなど日常生活に支障が出ます。

 

肩を揉んだり、湿布や痛み止めでそのうち改善するだろうと安易に思われている方が多いですが、四十肩・五十肩・肩関節周囲炎はそんな単純な症状ではありません。

お客様の中には、知らないうちに腱板断裂や上腕二頭筋腱の断裂などが見つかり、手術を経験されている方もいらっしゃいます。

そして、まず知ってもらいたいこととして、肩の痛みと四十肩・五十肩・肩関節周囲炎は、全く別物です。

 

ここでは、肩の痛みや四十肩・五十肩・肩関節周囲炎について知りましょう。

肩関節の構成と運動

肩の痛みや四十肩・五十肩・肩関節周囲炎を改善させるためには、体全体を見る必要があります。

 

ただ、その前に知るべきことは肩関節の構造や運動です。

どの位置でどこに痛みが出るかによって原因が変わってきますので、肩だけ施術してもらうも一向に改善しないという方は、受けている施術を見直す必要があります。

肩関節の構成

シビレの解説の画像

肩関節の構造には、上腕骨・肩甲骨・鎖骨・肋骨が深く関わっています。

骨であれば、肩甲骨上腕骨鎖骨肋骨で構成されます。

そして、代表的な関節と言えば以下の関節です。

肩甲上腕関節上腕骨肩甲骨の関節)

肩鎖関節肩甲骨鎖骨の関節)

胸鎖関節胸骨鎖骨の関節)

肩甲胸郭関節肩甲骨胸郭の関節)

 

また、これらの骨に付着している筋・靭帯・軟部組織も運動時に関わってくるため、個別に評価が必要です。

代表的なものをあげるとすれば、

上腕骨肩甲骨に付着する筋:広背筋三角筋棘上筋棘下筋小円筋肩甲下筋上腕二頭筋上腕三頭筋

前腕肩甲骨に付着する筋:上腕二頭筋上腕三頭筋上腕筋

鎖骨肋骨に付着する筋:鎖骨下筋

肩甲骨肋骨に付着する筋:前鋸筋小胸筋

鎖骨胸骨上腕骨に付着する筋:大胸筋

などです。

肩関節の運動

肩関節運動の解説図

外転運動の際には、上腕骨・肩甲骨・鎖骨の関節運動が行われます。

特徴として、腕を前から上げる”屈曲”、後ろに引く”伸展”、横から上げる”外転”、内に閉じる”内転”、内・外に捻る”内・外旋”など様々な運動ができます。

これは、関節がボール状(球関節)になっているためです。

そして、これらの運動の際に各部位が連動して肩の動きを行います。

 

・屈曲の場合

上腕骨を前から上げていくと、肩甲骨後傾内転(脊柱に寄る)、胸椎は伸展(後ろに反る)、鎖骨後方回旋胸郭肋骨を上に引き上げる運動が起こり、その動きに同調する形で筋も活動します。

 

・伸展の場合

上腕骨を後ろに引いていくと、肩甲骨前傾内転下方回旋が起こり、胸椎伸展鎖骨前方回旋肋骨下に引き下げる運動が起こります。

 

・外転の場合

上腕骨を横から上げていくと、肩甲上腕関節内旋から外転90°付近を境外旋へと移行していき、肩甲骨は外転(外側への移動)と上方回旋(内側への回転)が起こります。また、胸椎伸展し、胸鎖関節肩甲骨上腕骨釣り上げる運動が行われます。

つまり、肩が痛いからと言って他の部位も評価しないまま肩だけ施術しても改善しないという事です。

 

ですから肩関節の構造と運動を把握しつつ、脊柱頚部上肢骨盤下肢など体全体を見ていく必要があります。

肩の痛み=四十肩・五十肩ではない。

間違いの画像

肩の痛みと四十肩・五十肩・肩関節周囲炎は、全くの別物です。

一時的に肩が痛い場合は、改善にそれほど時間は掛かりません。

例えば、痛みは無いんだけど動かした時に肩が詰まる、上げにくいなどです。

 

しかし本物の四十肩五十肩肩関節周囲炎であれば、長期戦になります。

ある臨床上の統計で、”痛みが無くなるまでどれぐらい期間が掛かったか?”を調べた結果、およそ10ヵ月~1年という報告がされています。(なお、全く対応していない場合は1年半~2年酷い場合は3年近く掛かってしまうこともあるそうです。)

 

四十肩・五十肩の特徴として、安静時夜間時痛みが起きます

これらの背景に、肩周囲に炎症が起きている・循環障害がとても悪いということが考えられます。

また、痛みでほとんど肩・腕が動かせません。(別名、フローズン・ショルダ―(氷結肩)とも言われています。)

肩の痛みと四十肩・五十肩・肩関節周囲炎を見分ける目安としては、”肩の高さまで腕が上がるかどうか?

”気を付け”の姿勢から腕を上げていき、肩の高さ以上で痛みがある場合は”肩の痛み”、肩の高さまで上がらない痛みで上げることすらできない場合は、”四十肩五十肩肩関節周囲炎”である可能性が高いです。

この2つのポイントから、”肩の痛みなのか?””四十肩・五十肩・肩関節周囲炎なのか?”を評価してみてください。

 

そして、四十肩・五十肩・肩関節周囲炎には、大きく分けて3つのステージがあります。

炎症期

拘縮期

寛解期

 

※炎症期拘縮期初期

炎症によって、1カ月前後ほど安静時夜間時の痛みが続くと言われています。

この時期は、手技による対応が難しく、まずは病院に行って炎症を抑える薬の服用痛みの出ない範囲での軽い運動リハビリを行い、改善に向けての下地を作ることになります。

 

※拘縮後期寛解期

ほぼほぼ炎症が改善しているため、積極的な施術を受けることが必要になります。

もし何も対応しなければ、原因となる組織がどんどん硬くなって筋・関節に癒着が発生し、日常生活に支障がでます。

代表例としてあげられるのは、髪を結ぶ動作(結髪動作)や腰の紐を結ぶ動作(結滞動作

これらの動作で肩に痛みがある場合、重症な状態となっていることが多いため、改善に時間を要します。

いずれ改善するだろうと軽く考えず、早急に対応しましょう。

肩に痛みが起きやす人の特徴

猫背の画像

猫背姿勢は、肩の運動を妨げます。

それは、猫背

猫背になってしまうと、肩関節が内巻き(内旋)になったり、上腕骨の骨頭が前方に移動してしまいます。

結果、90°以上で起こる肩関節の外旋(手のひらが上を向く)運動が行われにくくなり、正常な肩の動きができなくなります。

 

また、頭頚部の前方移動胸椎腰椎の後弯(後ろに丸くなる)・骨盤後頚(後ろに傾く)・膝が曲がるなど連動した変化も起きるため、動作時の正常な運動が行われにくくなったり、一部の筋に緊張や弱化が作られて肩の痛みに繋がりやすくなります。

 

ですから、問題のある部分を改善して正しい姿勢へと調整し、肩関節の正常な動きを獲得する必要があります。

肩に痛みの原因があるとは限らない!

考えるの画像

肩が痛いからといって、肩だけに問題があるとは限りません。
生活習慣を振り返ってみましょう。

肩の痛みの原因が、頚部腰部骨盤下肢下腿前腕手部症状の無い側など離れた場所に隠れていることは、臨床上よく見られます。

離れた場所に原因があると考えられる場合、過去にあった未改善な症状の影響別の症状生活習慣と関係していることが考えられます。

頚部であれば、肩こり交通事故によるムチウチ

前腕・手部であれば、使い過ぎ肘・腱鞘炎などの症状

腰部・骨盤・下肢であれば、腰痛股関節痛膝の痛み

反対側の上肢であれば、過去にあったケガ肩の痛み生活習慣

などです。

四十肩・五十肩・肩関節周囲炎は、脊柱・骨盤・下肢が壊れてから起きてしまうことが多々見られるため、全身の評価が必要となることから、改善に時間が掛かってしまうのです。

 

また、内臓神経が肩の痛みに繋がることもあります。

の肩の痛みであれば、肝臓胆のう

の肩の痛みであれば、心臓

なぜこれらの臓器が四十肩・五十肩・肩関節周囲炎と関係が深いのかというと、横隔神経が関わっているからです。

肝や胃などの臓器に異常が起こると、横隔神経が刺激され、頚部へ刺激が送られます。

送られた刺激は、頚部にある腕神経叢を介してに伝わってしまうことがあるので、頚部などの症状を引き起こすことがあります。

例えば、アルコール脂質過剰摂取薬の長期服用などがあれば肝臓に異常が起こりますし、暴飲暴食消化不良便秘ストレス過多などがあれば、に異常が起こって肩の痛みに繋がることがあります。

ですから各内臓に負担を掛けるような生活習慣をしているのであれば、見直す必要があります。

 

肩の痛みは、肩以外の離れた部分にも目を向けなければいけません

いつまでも改善しないのは、他の原因を見落としている可能性があると考えられます。

肩の痛みを自分で改善したいなら

仕事やスポーツなど使い過ぎによる肩の痛みであれば、使用頻度を軽減することで改善を早めることは可能ですが、肩こり・腰痛・股関節痛・膝痛・ひじ痛・腱鞘炎・不定愁訴など他の症状を抱えている場合、他の症状との関連も考慮しなければならないため、改善に時間を要します

改善するためには、日頃の生活習慣がポイントになります。

肩が上がった画像

自分の生活習慣を見直しましょう。

生活習慣・身体を見直す

肩の痛みの多くは、猫背姿勢です。

猫背になると、肩が巻き肩になってしてしまうため、肩の運動の際に制限が起きて痛みに繋がります。

自宅や仕事中の姿勢を今一度チェックし、改善していきましょう。

 

他の症状も抱えている方は、それらを踏まえた身体の改善が必要なため、専門的な知識のある方に診てもらい、施術とセルフケアを通して身体の改善を行っていく必要があります。

たか接骨院では、このように考えています。

症状があるところに原因があるとは限らない!

”肩が痛いからといって、肩に電気を当てたり、湿布を貼る。肩を揉んでもらう”など、あなたは”症状が出ている所だけに原因がある”と思っていませんか?

そのような考え方はやめましょう。

実際、肩の痛みが変わりましたか?

症状が出ている所に繰り返し施術を行ったところで改善が見られないという事は、”そもそも症状があるところに原因がない”可能性が高いのです。

つまりあなたは、何が原因で肩に痛みが起きているかも分からないまま施術を受けてしまっているのです。

 

たか接骨院は、全身に着目して施術を行っています。

全身を検査しながら施術を行っていくため、症状がある場所と原因がある部位に関係がないことをお伝え出来ます。

たか接骨院では原因だけを施術するため、肩の痛みが改善されていくのです。

整体後、あなたはこのような変化を手に入れます。

  • 服の着脱が楽になった。
  • 寝ている時の肩の痛みを感じなくなり、朝までぐっすり眠れるようになった。
  • 家事で肩の痛みが気にならなくなり、日常生活で辛さを感じなくなった。
  • 肩の痛みの原因が、肩以外にあったことに驚いた。
  • 生活習慣が関わっていたことに、納得せざるを得なかった。

それでも四十肩・五十肩・肩関節周囲炎でお困りなら

たか接骨院 院長の佐々木です。
あなたのお悩みを解決します!​

もし、上記のようなことをしても症状が楽にならない場合は、あなた自身が対応できる状態ではない別の原因による症状であるという事です。

たか接骨院は、四十肩・五十肩など肩の痛みに対する経験・知識が他院に比べて豊富にあり、きちんとした問診と検査で全身から原因を見つけます。

そこからお伝えできることは、症状のある所に原因があるとは限らないという事。

今までいろいろなところに通ったが改善しなかったという方は、原因を見つけられない施術家に出会っていた可能性があります。

施術は、筋膜・内臓・頭蓋・関節・神経・血管を使ったオーダーメイド整体で原因に対して正確に施術いたします。

四十肩・五十肩・肩関節周囲炎でお悩みの方は、ぜひご検討ください。

ホームページを見たあなただけに
特別なご提案があります。

初回お試しの案内画像

関連するページのご紹介

こちらのページを読んだ方には、下記のページもよく読まれています。ぜひご一読ください。

ご予約・お問合せ

お電話でのご予約・お問合せ

0178-51-9563

フォームでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

新着情報・お知らせ

2022/11/22
12休診日のお知らせ】
3日(午後)6日
11日(午後)
19日22
27日28日
出張のため、休診となります。

年末の営業は、27日午前までとさせていただきます。

年始は、1月5日からとなります。

ご予約される方は、お早めにご連絡ください。
2020/07/06
「施術メニュー」ページを更新しました
2020/07/03
「選ばれる理由」ページを作成しました

たか接骨院

住所

〒031-0823
青森県八戸市湊高台4-15-23
アルス湊高台C棟B

アクセス

白銀駅・陸奥湊駅から車で10分

営業時間

※平日9:00~19:00(完全予約制
当日予約は、13:00までにご連絡ください)

休診日

不定休(日・祝は休診、別日休診あり)

※出張・所用等により、急遽お休みをいただく場合がございます。ご了承ください