〒031-0823 青森県八戸市湊高台4-15-23 アルス湊高台C棟B(白銀駅・陸奥湊駅から車で10分)

営業時間

※平日9:00~19:00(予約は、前日までにお願いします
休診日不定休(日・祝は休み)
※完全予約制

お気軽にご予約・お問合せください

0178-51-9563

水を飲んでいますか?

人間の体は、水でできている。

人間の体(成人)は、およそ60%が水で出来ています。

赤ちゃんであれば80%、ご年配の方になると50~40%まで減少します。

ですから人間の体は、半分が水で出来ていると言っても過言ではありません。

そして、脳・細胞・筋・内臓など体の組織は、水を利用して代謝を繰り返しながら活動しています。

しかし現代では水を飲む習慣が少なくなり、臨床でも多くの方は脱水状態です。

その結果、足のつり・尿の問題、むくみなど身体の不調を同時に訴えている方も多くみられます。

水は改善のスピードにも関わってきますので、改めて水の重要性を知っていただければと思います。

水は腸で吸収される画像
水は腸で吸収され、不必要なものは尿として排泄されます。
水を失った時の身体の変化の画像

水の働き

水は、腸で吸収され、体液となって体の中を循環します。(ちなみに、腸で吸収されない水は便で排泄されるため、下痢となって現れます。)

水の働きとして、

①酸素や栄養素の運搬

②老廃物の排泄

③アルコール・添加物など身体に毒となる物質や栄養素の分解・代謝

④発汗による体温調節

などに使われますが、使われた水には体に不要なものが混ざっているため、腎臓でろ過しながら再利用・排泄を繰り返し、生命維持に関与しています。

体内で作られる水は、食事やエネルギー産生でおよそ1.3ℓぐらい生成されますが、一日に排泄される水は、尿・便・汗・呼吸などを含めて2.5ℓぐらいにもなります。

ですから、多く見積もって約1.5~2ℓの水を取り入れないと、体の状態を維持できません

実際に当院の検査で、お客様の体内の水の量が足りているか評価してみると、圧倒的に足りてない方がほとんどです。

多くの方は、コーヒーやお茶などカフェインが含まれているものやジュースなど糖分の多いものを多量に飲むことで、水分補給できていると勘違いされています。

カフェインは利尿作用(頻尿)が強いので、脱水の促進へ繋がり、糖分は肥満や糖尿病などの生活習慣病へ関わってくるため、返って体に負担を掛けることになりますから、異常が起こるのは当然です。

水は体にとって重要な存在であり、なくてはならないものなのです。

水を失うと不調に繋がる。

脱水することで起こる身体の変化の画像

脱水になると、身体に様々な変化が起こります。

体の水が失われると、不調が現れます。

1%のどの渇き・大量の汗

2%めまい吐き気・強い渇き・食欲減退・血液濃縮(ドロドロ)・尿量減少など

3%:汗が出ない

4%全身の脱力感イライラ動きの鈍り・皮膚の紅潮・感覚鈍麻・無関心など

6%手足の震えふらつき頭痛・脈拍や呼吸の上昇

8%:幻覚・呼吸困難・めまい・言語不明瞭・世親錯乱・疲労困憊

10~12%:筋痙攣・失神・循環不全・不眠・腎機能不全など

15~17%:皮膚がしわしわになる・飲み込み動作が困難・目の前が暗くなる・目がくぼむ・排尿痛・聴力損失・舌のシビレ・感覚鈍麻

18%:皮膚のひび割れ・おしっこが作れなくなる

20%生命の危機

体重60kgの方であれば、およそ36kgの水が体内に存在しているので、2%である700mlの脱水で”めまい・吐き気”が起こり、6%である2Lの脱水で”手足の震え”、20%の7.2Lの脱水で”生命の危機”に繋がるという計算になります。

ですから、体から出るシグナルを無視してはいけないのです。

上記以外にも、むくみ足のつり冷え便秘高血圧など不定愁訴と言われる体の不調にも関わってきたり、慢性症状における筋の硬さシビレ尿などの排泄機能低下にも繋がってきます。

事実、尿管結石や膀胱炎、腎盂腎炎といった病気が後に見つかった方が当院でいらっしゃいます。

水を摂取しない事での体へのリスクは計り知れません。

脱水と血液との関係の画像

脱水は、生死に関わる病気へと繋がります。

尿の色で、脱水状態をチェックしてみましょう。

水がなければ、体は機能しない。

水を飲む画像

水を飲む習慣をつけましょう。

※水を飲む習慣を身に付けましょう。

水は常に体に必要な存在であるため、日々の摂取が不可欠です。

カウンセリングの中で、夏は飲む冬になると飲まなくなるという方が多くいらっしゃいます。

夏は目に見える汗をかくため、必然的に水を摂取しますが、冬になると、汗をかいていることに気づきにくくなり無意識に水の摂取が減っているようです。

季節に関係なく日々の体の水の流れ・働きは変わりません

むしろ、冬こそ水の摂取が必要になるのです。

冬は、本来の体温調節以外にも厚着・暖房等によって体温調節をしているため、無意識に汗をかいていることに気づかなくなります

また、乾燥によって湿度がある季節に比べると、外気から水分を摂取することが少なくなりますので、体の水分量が増えることはありません

ですから、”冬に限って何かしらの症状が出る”方ほど、脱水が起こっていることが多いです。

当院では、施術後に水を摂取していただくようお伝えしております

水を摂取することで老廃物の排泄が促せますし、血液のドロドロも改善できるため、体の改善に繋がるのです。

しかし、一時的に水を摂取したとしても、体の質が変わるわけではありません

継続した摂取によって、体は変わっていくのです。

水以外にも、ノンカフェインのお茶麦茶による水分摂取でも構いません。

1日当たり最低でも1.5ℓの摂取を目指しましょう。

ただし、今まで足りなかった水を一気に補充してしまうと、体の中で処理が出来ず”水中毒”と言われる病気にかかってしまう場合があります。

水中毒になりますと、めまい・頭痛・頻尿・むくみ・下痢などを引き起こし、重症になりますと生命の危険にも繋がります。

200ml(コップ一杯)ぐらいを数回に分けて、摂取することをおススメします。

ホームページを見たあなただけに
特別なご提案があります。

初回お試しの案内画像

ご予約・お問合せ

お電話でのご予約・お問合せ

0178-51-9563

フォームでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

新着情報・お知らせ

2021/11/26
【12月のお知らせ】
12月29日1月4日
年末年始のお休みとさせていただきます。

※12月1315202227日(各月・水曜日)
所用のため、休診となります。

ご予約させれる方は、お早めにご連絡ください。
2020/07/06
「施術メニュー」ページを更新しました
2020/07/03
「選ばれる理由」ページを作成しました

たか接骨院

住所

〒031-0823
青森県八戸市
湊高台4-15-23 アルス湊高台C棟B

アクセス

白銀駅・陸奥湊駅から車で10分

営業時間

※平日9:00~19:00
当日予約は13:00までにご連絡ください)

日・祝のご予約を希望される方は、2日前までにご連絡ください。
(別途料金をいただく場合がございますので、ご了承ください)

休診日

不定休(日・祝は、休み)

※出張・所用等により、急遽お休みをいただく場合がございます。ご了承ください