〒031-0823 青森県八戸市湊高台4-15-23 アルス湊高台C棟B(白銀駅・陸奥湊駅から車で10分)

営業時間

※平日9:00~19:00(予約は、前日までにお願いします
休診日不定休(日・祝は休み)
※完全予約制

お気軽にご予約・お問合せください

0178-51-9563

坐骨神経痛

坐骨神経痛でこんなお悩みがありませんか?

  • お尻・太ももの裏・ふくらはぎ・足裏にかけて、常に違和感やシビレを感じる。
  • 座っているだけでお尻の違和感や足へのシビレが強くなり、仕事や食事に集中できない。
  • 立っているだけでお尻や足に痛みやシビレを感じ、長時間立ってるのが辛い。
  • 歩行時に足に違和感やシビレを感じ、休憩を繰り返さないと長い時間歩けないため、日常生活に苦痛を感じている(間欠性跛行)
  • 就寝時もお尻にシビレを感じて目が覚め、睡眠不足で一日気持ちが落ち込む。

もし上記のようなことに心当たりがある場合、あなたは坐骨神経痛の疑いがあります。

坐骨神経痛とはあくまで症状であり、病名ではありません。

坐骨神経は、”腰椎の4~5番・仙骨の1~3番”から出ている神経です。

坐骨神経が何かしらの要因で引っ張られたり・動かなくなったりすると、坐骨神経の領域である臀部・もも裏、坐骨神経の枝である脛骨神経領域のふくらはぎ・足裏、同じく坐骨神経の枝である総腓骨神経領域の膝から下の外側・前面・足の甲などにシビレ・違和感・痛みが発生します。

多くの場合、腰痛が長引いた結果によるもので、状態が重症化してしまうと立っていられない・座っていられない・歩けなくなるなどの運動障害や精神的な不安・不眠などを与えます。

重症になってから施術を行っても、改善に時間がかかってしまうため、早期に対応することが重要です。

ただ、坐骨神経が関わっているかは、検査が必要です。

SLR”と言われる検査法があり、この検査によって足に痛みシビレが誘発されると、坐骨神経が関係していることを疑います

しかし、この検査で反応が出ない方もいらっしゃいます。

そういった場合、別な要因によって坐骨神経領域に症状が起きていると考えられるため、その原因を探す必要があります。

なぜ坐骨神経痛のような状態が起こっているのかを知ることができれば、今より悪くなることを抑えることも可能ですし、場合によっては改善に導きます。

ぜひ以下の内容を読んでいただき、坐骨神経痛に対する知識を深めて自らの健康に努めましょう。

坐骨神経の走行

坐骨神経は、上記の位置を走行しています。

坐骨神経痛になると、問題となっている場所によって様々な症状が起こるため、原因の特定が重要です。
坐骨神経痛のテスト法

SLR検査法:仰向けになり、膝を伸ばしたまま足を上げていく中で、
35~70°の範囲で足にシビレや痛みが起こる場合、坐骨神経の関与が疑われる。
(シビレや痛みが起こらない場合、別の要因が考えられる。)

坐骨神経痛を改善する5つのポイント!

  • なぜシビレが起きるのか知りましょう。
  • 原因を特定しましょう。
  • 日常生活での姿勢を見直す。
  • お水を飲み、必要な栄養を取りましょう。
  • 冷やすのではなく温める。

なぜシビレが起きるのか知りましょう。

シビレの解説の画像

なぜシビレが起きるのでしょうか?

シビレが発生する原因として、以下のようなことなどが考えられます。

  • 筋・筋膜が硬くなったり弱化することで血流障害が起き、神経に栄養や酸素が届かない。(例:しもやけ・正座など)
  • 筋膜が硬くなったことで神経が絞扼され、動作時などで神経が無理やり引き伸ばされると発生する。

何かしらの要因でた筋・筋膜が硬くなったり、弱化します。

またそれに付随し、神経の絞扼なども起こることがあります。

それらの状態になってしまうと血流障害が発生し、筋や神経に酸素や栄養素が届かなくなったり、動作時に絞扼された神経が無理やり引っ張られたりして、過敏な反応を起こすのです。

そうすると、血液中から痛みの物質が産生され、脳に伝わることで痛みやシビレといった信号を発信します。

あなたは、正座で足が痺れたり、しもやけで手足がジンジンなったりすることを経験されたことがあると思います。

坐骨神経痛の発生メカニズムもほとんど同じです。

ただ、それが血流障害によるものなのか、神経由来のものかは検査が必要です。

正座時にシビレが起きても、正座を崩せば徐々にシビレは軽減しますよね。

これは、正座を崩すことで神経の引っ張りが緩んだり、筋・筋膜が緩んで血行障害が改善して、必要な筋・神経・組織に酸素や栄養素が再び行き渡るため、痛みやシビレなどが改善するのです。

しもやけの場合は、温めたりすることで血管が拡張して血流が改善し、ジンジンした感覚が軽くなっていきます。

しかし、坐骨神経による痛みの場合、血流障害・神経の緩みが簡単に改善しません。

なぜなら、長期にわたって作られた筋・筋膜の硬さは、自然に緩むような状態にはなっていないため、簡単には改善しないのです。

また、筋膜が神経に張り付いてしまっている可能性もあり、動いた時にシビレがある場合は、どこの原因によって症状が起きているかを見つける必要があります。

もちろんシビレの症状は病気や内臓との関係もあるので、安易な判断をしてはいけません。

まとめると、坐骨神経痛は”神経が無理やり引っ張られる・血流障害”が主な原因であり、この神経の引っ張り・血流障害が”何によってどこから引き起こされているか?”を専門家に診てもらい、適切な対応をする必要があります。

原因を特定しましょう。

症状出るまでのフローチャート

症状(結果)
様々な原因が絡み合って起こっています。
ですから、”症状=原因”ではありません。
大事なのは”原因”を改善
すること!

坐骨神経痛のような症状の原因の多くは、臀部の筋に問題がある事が多々見られます。

座位姿勢では、上半身の重さを骨盤・臀部で受け止めています。

座位姿勢が長時間にわたると、骨盤が不安定になったり、臀部の筋が弱化硬くなったりして血管や神経を絞めつけ血流障害神経障害が起こります。

その結果、坐骨神経痛のような症状に繋がります。

臀部の筋は様々あるため、どの筋に原因が負担がかかっているかは座り方や体の使い方によって異なります。

例を挙げるのであれば、足を組んで座る片側に寄りかかるように座るあぐら女の子座り長時間の同じ姿勢(車の運転やデスクワーク)・不良姿勢(猫背など)などが多くの坐骨神経痛の方の背景に見られます。

ですから、どの場面によって問題が起きているかを、問診検査評価しなければなりません。

 

殿筋群の中でも特に坐骨神経と関係が深いものに、梨状筋という筋があります。

梨状筋は、坐骨神経と重なるように走行しており、何かしらの要因で問題が起こると、坐骨神経を引っ張ったり・絞めつけて、臀部から太もも裏に違和感やシビレを発症させる特徴を持っています。

また、椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症などの腰痛にも、症状によっては梨状筋が関わっていることが多々あります。

坐骨神経に問題が生じると、坐骨神経は自律神経とも関わりがあるため、問題が発生すると内科系・婦人科系・生殖器系疾患、精神的要素などにも影響を与えることがあります。

しかしながら、梨状筋だけが坐骨神経痛の原因になっているかというと、思いもよらない結果が多々みられます。

なぜなら、神経は全身繋がっているからです。

臨床上よく見られるのは、他の部位の異常が全身の神経を介して”坐骨神経領域”に痛みやシビレを出していたりすること。

簡単に言えば、”見せかけの坐骨神経痛”です。

解剖学的な見解から例を挙げさせていただくと、太ももの内側の筋(内転筋群)の神経である”閉鎖神経”は、坐骨神経とくっついています。

ですから、太ももの内側の筋が硬くなったりすると、閉鎖神経を介して坐骨神経に刺激が入り、坐骨神経痛のような症状が起こったりすることがあります。

このように別の原因で坐骨神経痛のような状態になっていれば、いくら梨状筋を施術しても施術後の変化は起きません。

また、痛みやシビレが出ている領域によって関係している原因は変わってきますので、改善するためには、あなただけの原因をきちんと見つける必要があります。

なお、筋や神経は、レントゲンやMRIなどには写らないため、原因を見つけることは困難です。

 

そこで、臀部の筋を緩めるセルフケアとしておススメなのは”四股踏み”

四股踏みは、臀部の筋が緩むポジションでもあり、私も臀部の筋を緩める施術の際にはこのポジションを使います。

お相撲さんが坐骨神経痛や腰痛などを訴えている話を聞いたことがありますか?

ほとんどないはずです。

お相撲さんは四股を踏むことによって臀部の筋が柔らかくなり、血管や神経を絞めつけることがないからです。

まずは、四股の姿勢を取ってみましょう。

四股をする前とした後で症状の軽減に違いが見られた場合は、原因が臀部の筋である可能性が高いと思ってください。

もし症状の軽減がみられる場合毎日10回ほど四股踏みをして臀部の筋を柔らかくしていきましょう。

すぐ結果が出るわけではありません。何事も継続が大事です。

そして、原因が一つとは限りません。

症状の範囲によっては、複数の原因が関わっている場合が多々あります。

原因によっても行うセルフケアの仕方は変わってきますので、まずは自分の症状の原因がどこなのかを専門の方に見つけてもらいましょう。

四股踏みストレッチの画像

四股踏みストレッチを正面から見た図
※上記の筋がストレッチされます。

横から見た四股踏みの画像

四股踏みストレッチを横から見た図
※上記の筋がストレッチされます。

坐骨神経痛を改善させるためには…

日常生活を見直す

正しい座り方の画像

正しい座り方

坐骨の位置の画像

坐骨は、お尻の付け根辺りにある骨です。

坐骨神経痛の方の特徴に、猫背姿勢あぐら女の子座り足を組んで座るがあります。

中でも猫背で座っている方が、多く見受けられます。

また、男性の方に多いのはあぐら、女性の方であれば女の子座り。

しかしながらこれらの姿勢は、体にとって過度な負担になっています(筋で体を支えるような姿勢)

正しい姿勢とは”骨に体重をかける”イメージです。

イスの場合、座面に”坐骨を突き刺す”ようなイメージで座ると、骨の支持による体の安定が作られますので、筋に依存しにくい座り方になり、身体への負担が軽減されます。

正しい姿勢を身に付けることが大事です。

床やソファーに座る際は、坐骨の辺りに座布団やクッションを入れ、お尻の位置をやや高くして過ごすようにしましょう。

お水を飲み、必要な栄養を取りましょう。

水を飲む画像

水を1日1.5ℓ前後飲みましょう。

マグネシウムが多く含まれている食品の画像

マグネシウムが足りないと思う方は
適度に摂取しましょう。

人間の体は、60%が水でできています。

しかし、多くの方はコーヒーやお茶などカフェインが含まれているものを大量に摂取しています。

カフェインは利尿作用が強く、排尿の回数を意図的に増やします。

そうすることによって何が起きるか?

それは”脱水

脱水になると、血液がドロドロ状態になったり、筋が硬くなってしまうため、痛み物質の産生へと繋がります。

また、尿による老廃物の排泄の質が悪くなります。

水を1日1.5ℓ前後摂取する習慣を身に付けましょう。

そして代謝を上げ、血液の改善や老廃物の除去に努めましょう。

栄養面から考えると、”マグネシウム”を摂取することをおススメします。

マグネシウムは”筋を緩める”作用があるため、不足している方は摂取する必要があります。(逆にカルシウムは筋を硬くする作用があるため、取り過ぎの方は摂取を控えましょう。)

しかしながら取りすぎはいけません。

取りすぎる下痢になる可能性が高まります。

マグネシウムが足りないと思われる方は、適度に摂取することをおススメします。

冷やすのではなく、”温める”

お風呂に入る画像

湯船につかり、血液循環を促しましょう。

坐骨神経痛に限らず、慢性症状に対して冷シップを貼っているという方をよく耳にします。

慢性症状の多くは”血流障害”とお伝えしました。

冷やすと交感神経の働きで血管が収縮し、血流量が減少します。

血流量が減少すれば血流障害は改善しないので、症状はいつまでたっても変わりません。

一方、温めると副交感神経が働き、血管は拡張して血流量は増加します。

血流量が増加すれば、体の隅々にある組織に血液が届き、必要な酸素や栄養素が全身に供給されるため、壊れた組織が修復できますし、体内に溜まった老廃物の除去も促します。

問診で、お風呂に入ると症状が軽減するという方がいらっしゃいます。(シャワーではあまり変化が起きません。)

これは、体が温められたことによって血管が拡張して血流が促進し、血流障害や老廃物の除去が一時的に改善されたため、症状の軽減が見られたと考えられます。

しかしながら、これは筋・筋膜に原因がある場合です。

お風呂に入っても変化がない場合、残念ながら重度の血流障害内臓自律神経に原因があると推測されるため、ご自身で対応できる範囲を超えた身体の状態です。

そういった場合、専門家に診てもらって原因の特定を行いましょう。

まとめると、坐骨神経痛を改善するためには、温めて血液循環を促すことが大事という事です。

たか接骨院では、このように考えています。

症状があるところに原因があるとは限らない!

あなたは”症状が出ている所だけに原因がある”と思っていませんか?

そのような考え方はやめましょう。

実際、症状がる所に電気を当てて何か変わりましたか?

症状が出ている所に繰り返し施術を行ったところで改善が見られないという事は、”そもそも症状があるところに原因がない”可能性が高いのです。

つまりあなたは、何が原因で坐骨神経痛になっているかも分からないまま施術を受けているのです。

たか接骨院は、全身に着目して施術を行っています。

全身を検査しながら施術を行うため、症状がある場所と原因がある場所に関係がないことをお伝え出来ます。

たか接骨院では原因だけを施術するため、坐骨神経痛が改善されていくのです。

整体後、あなたはこのような変化を手に入れます。

  • 運転で長時間座っていても、お尻のツラくない。
  • 歩いていても足の違和感が気にならず、散歩や買い物が出来るようになった。
  • 当たり前のように座って食事ができるようになった。
  • 立っていても太ももの違和感がなく、集中して仕事が出来るようになった。
  • シビレを気にせず朝まで眠れるようになった。

坐骨神経痛にお困りなら

たか接骨院 院長の佐々木です。
あなたのお悩みを解決します!​

もし、上記のようなことをしても症状が楽にならない場合、あなた自身が対応できる状態ではない、もしくは別の原因による症状であるという事になります。

たか接骨院は、数々の臨床経験から坐骨神経痛の専門として経験・知識が他院に比べて豊富にあり、問診と検査で全身から原因を見つけて正確に施術します。

今までいろいろなところに通ったが改善しなかったという方は、原因を見つけられない施術家に出会っていた可能性が考えられます。

そして、原因の説明と日常生活での問題点、あなたのライフスタイルを考慮した生活指導をはじめとする日常での立ち方・座り方・体の使い方・セルフケアまでお伝えします。

そこからお伝えできることは、症状のある所に原因があるとは限らないという事。

ですから、あなたの坐骨神経痛を改善に導いていくことが出来るのです。

施術は、検査・評価をもとに筋膜・内臓・頭蓋・関節・神経を施術するオーダーメイド整体です。

坐骨神経痛でお悩みの方は、ぜひご検討ください。

たか接骨院の整体で、健康的な身体を一緒に作りましょう。

関連するページのご紹介

こちらのページを読んだ方には、下記のページもよく読まれています。ぜひご一読ください。

ホームページを見たあなただけに
特別なご提案があります。

初回お試しの案内画像

ご予約・お問合せ

お電話でのご予約・お問合せ

0178-51-9563

フォームでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

新着情報・お知らせ

2021/10/25
【11月のお知らせ】
※11月
全国高等学校ラグビー選手権大会青森県予選会が青森市で行われることとなり、八戸工業高校ラグビー部のメディカルとして帯同するため、休診となります。

※11月13日・18
青森県高等学校ラグビー新人戦が八戸市南郷区で行われることとなり、八戸工業高校ラグビー部のメディカルとして帯同するため、休診となります。
2020/07/06
「施術メニュー」ページを更新しました
2020/07/03
「選ばれる理由」ページを作成しました

たか接骨院

住所

〒031-0823
青森県八戸市
湊高台4-15-23 アルス湊高台C棟B

アクセス

白銀駅・陸奥湊駅から車で10分

営業時間

※平日9:00~19:00
当日予約は13:00までにご連絡ください)

日・祝のご予約を希望される方は、2日前までにご連絡ください。
(別途料金をいただく場合がございますので、ご了承ください)

休診日

不定休(日・祝は、休み)

※出張・所用等により、急遽お休みをいただく場合がございます。ご了承ください