〒031-0823 青森県八戸市湊高台4-15-23 アルス湊高台C棟B(白銀駅・陸奥湊駅から車で10分)

営業時間

※平日9:00~19:00(予約は、前日までにお願いします
休診日不定休(日・祝は休み)
※完全予約制

お気軽にご予約・お問合せください

0178-51-9563

歪みと痛みの関係

歪んでいるから痛いのか?

歪みの画像

よくお客様から、”歪み”に対するご相談があります。

右の肩が下がっている」「どちらかの足が短い」「どちらかに体が傾いている」など、歪みに対する悩みは様々です。

検査や視診などで体を見てみると、確かに歪みはあります。

多くの方は「歪み=痛み」と認識しており、”歪みを整えれば痛みは無くなる”と考えています。

骨盤や背骨、首の骨などを矯正すれば改善するといったフレーズをよくお聞きします。

確かにそういったテクニックで改善する方もいらっしゃるので、状況に応じて私も使うことがあるので否定はしませんが、それは原因に対する必要な施術と判断して行います。

しかし、歪みに関する認識が乏しかったりすると、後で事故につながります。

このページで、歪みに対する認識・考え方を深めましょう。

内臓の位置の画像

筋と骨は左右対称ですが、
内臓は、左右対称ではない。

本来、人間の身体は左右対称になっていない。

結論から言えば、人間の体はそもそも左右対称ではありません。

骨・筋の位置や数は、ほぼほぼ皆さん左右対称ですが、ポイントは内臓です。

体の右側には、肝臓胆のう十二指腸腎臓小腸大腸の一部などがあります。

逆に左側には、心臓脾臓膵臓腎臓小腸大腸の一部などがあります。

膀胱や子宮、前立腺といった臓器はほぼ真ん中に。

各内臓は、大きさ・位置・重さなどが個々に違い、その内臓の状態に合わせて骨や関節の位置が調整されるため、体のバランスを保つためには、少なからず歪みが出来るのです。

そして、その歪みによって筋緊張骨盤・関節の位置が変化し、体のバランスが最適に保たれているのです。

かといって、異常な歪みはそのまま放置していいという事ではありません。

特に首・背骨・仙骨は、自律神経とも深い関わりがあるため、左右差のある強い歪みは自律神経の働きを乱しますし、骨の変形などが起こってしまうと、改善の可能性が低くなります。

大事なことは、前後左右の歪みの誤差を小さくすることにあります。

骨が直接歪むことは、ほとんどない。

筋と歪みの関係の画像

骨の歪みの原因は、筋・筋膜・内臓などの組織による影響が多い。

多くの方が「骨の歪み」に目を奪われがちですが、骨が直接歪むことは、生まれつきや交通事故など外部からの影響による外傷、成長期に起きやすい突発性の側弯でない限りそうそうありません。

では、骨に何がついているかというと、筋・内臓・靭帯など様々な組織がついています。

”偏った体の使い方””不良姿勢”などによって硬くなってしまった筋・筋膜・靭帯や、”疲労・血行不良”で重くなって下に落ちてしまった内臓などにより、膜を通じて繋がっている骨が引っ張られ、骨の歪みに繋がりやすいのです。

ですから、骨・関節に直接アプローチしたとしても、歪みを作っている要因が解決しなければその場限りの施術になる可能性があります。

「原因は、骨盤が歪んでいるせいです。」というフレーズをよく耳にしますが、”本当に骨盤矯正が必要なのか?”、”骨盤が歪んでしまった原因は何か?”、”骨盤の歪みと痛みは関係があったのか?”などが分からない限り意味のない施術を受けていることになってしまうのです。

歪みがなくても痛みがある人はいるし、歪んでいても痛みがない人もいる。

歪みがあっても痛みは無いという解説の画像

痛みは、脳が決めている!

よくあるのは、「歪み=痛み」という考え。

では、歪みがある人は、皆さん痛みがあるのでしょうか?

・腰が曲がって骨が変形してしまった高齢者の方は?

・骨と骨が狭いと言われたヘルニアの人は?

・足の長さが左右違う人は?

など、中には無症状の方もいらっしゃいます。

そうでなければ、赤ちゃんからご年配の全ての人間が、歪みで痛みを抱えていることになってしまいます。

では、姿勢がきれいで歪みの少ない人は、痛みがないのでしょうか?

そんなことはありません。

きれいな姿勢を保持するために筋は常に緊張しているため、長時間同じ姿勢を取っていれば、筋緊張からいずれ血流障害が生じ痛み物質が発生する可能性があります。

また、ストレスや内臓の影響によって痛みが出ているという方もいらっしゃいます。

ですから痛みの原因が、100%歪みのせいであるとは考えにくいのです。

痛みは脳が判断することであり、歪みが決めることではありません。

歪みがあっても脳で問題ないと判断されれば、痛みは出ないのです。

歪みと痛みは、「別」で考える。

歪みの画像

原因として考えられる要因は様々…

※歪みを改善しても痛みがあれば、
それは歪みが原因ではない。

歪みは、体・症状の原因を知るための一つの指標になりますが、あくまで痛みを取りたいという目的の方は、”原因”に目を向けなければなりません。

歪みの改善を求めているのであれば、”どこが起点”となって歪みが発生しているのかを知る必要があります。

”頭から足に向かって歪むパターン””足から頭に向かってパターン””骨盤から全体に向かって歪むパターン”など様々あります。

確かに骨盤は体の土台ですが、ただ単に骨盤を調整したからと言って歪みは改善しないのです。

ですから、歪みと痛みは別で考えなければなりません。

今までの常識を捨てましょう。

自分の体で何が起こっているのか?

歪みの改善であれ、痛みの改善であれ、大事なことは”原因を知る”こと。

筋膜が硬くなっているのか?

内臓が疲れているのか?

関節の動き・位置が悪くなっているのか?

ストレスによるものなのか?

など…

そして、原因が分かったうえで必要な施術を行うと同時に、歪みを作った自らの日常生活を見直すことが、改善のためには大事だと思います。

”痛みを取りたいのか?””歪みを取りたいのか?”

その目的によって、施術は判断されなければならないのです。

不良姿勢の画像

日常生活を見直しましょう。

ホームページを見たあなただけに
特別なご提案があります。

初回お試しの案内画像

ご予約・お問合せ

お電話でのご予約・お問合せ

0178-51-9563

フォームでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

新着情報・お知らせ

2021/10/25
【11月のお知らせ】
※11月
全国高等学校ラグビー選手権大会青森県予選会が青森市で行われることとなり、八戸工業高校ラグビー部のメディカルとして帯同するため、休診となります。

※11月13日・18
青森県高等学校ラグビー新人戦が八戸市南郷区で行われることとなり、八戸工業高校ラグビー部のメディカルとして帯同するため、休診となります。
2020/07/06
「施術メニュー」ページを更新しました
2020/07/03
「選ばれる理由」ページを作成しました

たか接骨院

住所

〒031-0823
青森県八戸市
湊高台4-15-23 アルス湊高台C棟B

アクセス

白銀駅・陸奥湊駅から車で10分

営業時間

※平日9:00~19:00
当日予約は13:00までにご連絡ください)

日・祝のご予約を希望される方は、2日前までにご連絡ください。
(別途料金をいただく場合がございますので、ご了承ください)

休診日

不定休(日・祝は、休み)

※出張・所用等により、急遽お休みをいただく場合がございます。ご了承ください