〒031-0823 青森県八戸市湊高台4-15-23 アルス湊高台C棟B(白銀駅・陸奥湊駅から車で10分)

営業時間

※平日9:00~19:00(予約は、前日までにお願いします
休診日不定休(日・祝は休み)
※完全予約制

お気軽にご予約・お問合せください

0178-51-9563

椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアでこんなお悩みがありませんか?

  • 前かがみになると、腰や下半身に痛みやシビレが強く出てツラい。(反ったり、横なっている時は楽である)
  • 立っているだけ腰がツラく、足が痺れる。
  • 腰のツラさで、10分以上歩けない。
  • 湿布や痛み止めをもらうも、一向に改善しない。
  • 膝を伸ばした状態での足の持ち上げが困難だったり、下肢にシビレが走る(テンションサイン)
  • ”骨と骨の間が狭い”と言われ、もう改善しないものと諦めている。

もし、上記のような心当たりがある場合、あなたは椎間板ヘルニアの可能性があります。

椎間板ヘルニアは、比較的若年層に多く見られる症状です。(10歳代などの若年者では腰痛が多く、20~40歳代では足への症状が多い傾向にあるようです。)

椎体(骨)と椎体の間には、”椎間板”という外部の衝撃から体を守るクッションの役割を持った組織が存在しています。

しかし、何かしらの要因でこの椎間板に強い圧力が掛かってしまうと、その椎間板の一部が椎間腔を超えて後方や左右に突出し、脊柱管の中に走っている神経を刺激して激しい腰痛下肢への違和感(片側に多い)シビレ・筋力低下・感覚障害などを引き起こすと言われています。

また、痛みのために腰椎が側弯になったり、脊柱の運動制限なども見られることがあります。

特に腰椎の4~5番の間腰椎5番と仙骨の間(坐骨神経領域)で多く発症すると言われていますが、実際にヘルニアが原因であると特定できる症状は全体の5%ほどで、手術が必要な重篤なものはごく稀です。

手術が選択される例を挙げると、膀胱・直腸障害(尿意があっても自分で排泄できない・お漏らしをする・便秘などの排泄のコントロールができない状態で、48時間以内に手術を行わなければ後遺症が残ると言われています。)やインポテンツ生殖器障害)、筋力低下(足を上げられない・スリッパが脱げる・指に力が入らない・つま先で立てないなど)・感覚障害歩行障害が著しいなどです。

また、くしゃみで痛みが伴う(ディシュリン3徴候)、息を止めていきんだ時に痛みがあるバルサルバ検査)場合は、徒手での施術は禁忌になります。

臨床上、椎間板ヘルニアと伝えられるも皆さん状況が違い、本当に椎間板の影響によるものなのか疑問に思うことも多々あります。

では、どのようにして椎間板ヘルニアの様な症状に対応していけばよいのでしょうか?

下記の内容を読んでいただき、椎間板ヘルニアに対する知識を深めましょう。

椎間板ヘルニアの解説画像

椎間板ヘルニア:
前かがみ動作の際に、椎間板に圧縮ストレスが加わることで椎間板が左右や後方へ変位し、後方にある神経を刺激して痛みやシビレが起こると言われています。

椎間板ヘルニアを改善に導く4つのポイント!

  • 主な原因
  • 検査・評価が重要!
  • 患部に問題があるとは限らない!
  • 緩める or 運動療法

主な原因

重いものを持ち上げるなどの重労働、中腰での日常生活喫煙精神面ストレスなどの環境因子や遺伝的因子も疑われる一方、スポーツによる腰への負担なども関与することがあり、原因は個々に違います。

しかしながら、別の要因で椎間板ヘルニアのように判断される場合もあります。

それは、腰部が反って骨盤が前に傾く”反り腰”や背中が丸まった”猫背”などの不良姿勢です。

こういった姿勢になってしまうと、腰の椎骨と椎骨の間が狭くなってしまい、レントゲンで撮影した際に椎間板ヘルニアのような状態に見えます。(MRI・CTなどの検査をすることで、椎間板の状態がより正確にわかります。)

では、その姿勢が何によって作られてしまうのか?

筋・筋膜関節内臓日常生活などの影響です。

事実、骨と骨が狭くても無症状の方もいらっしゃいます。

ですから、上記の要因に目を向けることが必要となります。

椎間板ヘルニアの要因となる解説図

椎間板ヘルニアの要因は様々ありますので、一度ご自分の生活習慣を振り返りましょう。

検査・評価が重要!

椎間板ヘルニアかどうかは、”検査”と”評価”が重要です。

検査は、神経や関節まで様々あるため、1つの検査だけでは詳細な問題を見つけることが難しく、複数用いることで評価の精度を高めます。

代表的なものに、FNSテストとSLRテストがあります。

FNSテスト:うつ伏せで膝を90°曲げ、骨盤を押さえながら足を後方(背中側)に上げる。

→ ”太ももの前”や”内側””足部の内側”などに痛み・シビレが起きる場合、2/3番の腰椎の間・3/4番の腰椎の間の椎間板ヘルニアが疑われます。(大腿神経の障害の検査)

SLRテスト:仰向けで症状が出ている側の足を、膝が伸びた状態で上げる。

→ ”腰部”や”太ももの後面”、”足の後面”などに痛み・シビレが起きる場合、4/5番の腰椎の間、5番腰椎/仙骨の間の椎間板ヘルニアが疑われます。(ラセーグ徴候。坐骨神経の障害の検査)

もしこれらの検査で、あなたが感じている痛みやシビレがが起こらない場合、神経障害による問題が低いと評価でき、血流障害や関節の可動域制限など別の要因が関わっているのではないか疑います。

FNSテストのやり方の画像
SLRテストのやり方の画像

また、症状から評価することもできます。

例えば、

3/4腰椎の間(神経根が障害):大腿四頭筋(ももの前の筋肉)の筋力低下(足を上げる、膝を伸ばすなどの障害、太もも前が重い)

4/5腰椎の間(神経根の障害):かかと立ちが困難不能足趾の背屈筋(足部や足の指を上に反らす)の筋力低下

腰椎/仙骨の間(仙骨の第1神経根の障害):つま先立ちが困難不能足趾の底屈筋(足部や足の指を下に伸ばす)の筋力低下

などが評価できます。

状態が悪くなるほどしびれや麻痺、筋力低下などの障害が強くなります。

なお、神経は全身つながっているので、イレギュラーな反応も起こります。

部位別の椎間板ヘルニアの症状の説明画像

※痛みやシビレの発症部位によって、症状が異なります。

障害された神経による椎間板ヘルニアの症状の画像

左上中央上:腰椎4~5番仙骨1番の神経障害に多い
右上:腰椎2~4番の間での神経障害
左下:腰椎5番/仙骨の間の神経障害
中央下:腰椎4~5番の神経障害
※左下:腰椎2~4番の間での神経障害に多い

筋の圧痛の画像

筋が持続的に収縮し続けると、圧痛が現れます。

動作による検査

動作によって、大きく2つのタイプに分類することができます。

1つは圧排型のヘルニア、もう1つは絞扼型のヘルニアです。

※圧排型(前かがみ動作を行うことで起きることが多い)

このタイプは、前かがみ動作を行うことで椎間板が”前方から後方に変位”し、椎間板の後方にある神経を圧迫している状態になるのですが、 実際は神経を押しているだけの状態です。(脊柱管や靭帯の影響は、あまりありません。)

座ったり、中腰、腰を前に曲げたときに、下肢痛が起きることがあります。 

SLRテスト”によって、評価が可能となります。

症状的には軽いものが多く、このタイプの椎間板ヘルニアは、手術をしないで改善する可能性が高いです。


※絞扼型(反った時に起きることが多い)

このタイプは、椎間板・脊柱管(骨)・靭帯などが”前後から神経を挟み込んで圧迫・絞扼”された状態で、例えるならサンドイッチされた状態です。

前屈とともに、後ろに反らした時にも下肢痛があります。

また、腰や背中がこわばって 腰を前後に曲げることが難しい歩くと腰や下肢が痛くて歩けない(間欠性跛行)などの症状があります。 

圧排型と比べると重症の例が多く、徒手による施術が難しかったり、改善に時間を要するため、早期に手術が必要なことが多いようです。 

ヘルニアの圧排型と絞扼型の解説画像

圧排型(軽症):前かがみ動作時にだけ起こる
絞扼型(重症):反った時に起こる(前かがみ時も痛みやシビレなどが起こる)

患部に問題があるとは限らない。

ポイントの画像

患部に問題があるとは限りません。
全身を評価することが重要になります。

筋膜・関節・内臓・神経は、密接に繋がっていますので、より詳細な検査が必要になります。

レントゲンやMRIなどで腰部に目立った異常が無いのにも関わらず、痛みやシビレが起きているという事は、他からの影響も考慮すべきです。

臨床上の多くは、他からの影響によって痛みやシビレが起きているからです。

筋の硬さ緊張が原因なのか?

血液の循環障害が原因なのか?

内臓による影響なのか?

関節の位置が変位しているのが問題なのか?

・頚部や足部など離れた部分からの影響がないのか?

など、全体を評価をしながら対応していく必要があります。

例えば、FNSテストで痛みやシビレの反応があれば、大腿神経に関わる大腰筋・腸骨筋・大腿四頭筋や2~4番の腰椎(腰神経叢)などの評価が必要です。

SLRテストで痛みやシビレの反応があれば、坐骨神経に関わる梨状筋・ハムストリングス、坐骨神経の枝である総腓骨神経の腓骨筋・前脛骨筋、同じく坐骨神経の枝である脛骨神経の後脛骨筋や膝窩筋、足底筋などの評価や仙骨などの骨盤の評価が必要です。

また、腰椎の5番や仙骨の神経には、上殿神経や下殿神経といった臀部の筋も関わっているため、それらの評価も必要になります。

患部だけ施術を受けても改善しないのは、他の原因のとりこぼしがある可能性があると考えられます。

緩める or 運動療法

正しい座り方の画像

あなたが行うべき対応は何かを考えましょう。

原因によっては、対応の仕方が変わります。

筋が硬いことによって問題が起こっているのであれば、ストレッチやマッサージなどの筋・筋膜を緩める対応が必要となりますが、弱化している場合、運動療法による筋の賦活を行わなければなりません。

弱化している筋を緩めてしまいますと、症状が増悪するリスクが高まるからです。

ですから、きちんと自分の身体を把握したうえで必要な対応をすることが、結果的に戻りを防いだり、健康的な身体を作ることに繋がるのです。

個人で勝手に判断をしてしまいますと、改善どころか悪化の状況を作ってしまいます。

早期の対応をおススメします。

お風呂に入る画像

身体を動かし、血液循環を促しましょう。

なお、状態によっては改善が難しい場合もあります。

あなたの現在の状態を、以下の内容と照らし合わせてみてください。。

※椎間板ヘルニアの神経根症状の重症度gradeが低いほど重い症状であることを示しています。)

grade1:足や臀部に感覚麻痺などがあり、排尿・排便障害がある
grade2:痛みがひどく、自分で立ったり、歩いたりできない
grade3:腰や足が痛く歩きづらい、また長時間歩けない
grade4:腰や足が痛いが、歩くことはできる
grade5:腰を前に曲げると痛く、普段は足に痛みがない

症状が重くなるほど椎間板の変位や骨の変形などが強くなっていることが考えられるため、徒手による施術が難しくなり、手術の可能性が高まります。

”grade3”まであれば、徒手による施術の領域と当院は考えております。

しかしながら、時間をかけて壊れた体は簡単に改善しませんので、継続した施術が必要になります。

たか接骨院では、このように考えています。

改善できる範囲のものは、症状があるところに原因があるとは限らない!

腰に症状があるからといって腰、太ももに違和感があるからと太ももを施術してもらうなど、あなたは”症状が出ている所だけに原因がある”と思っていませんか?

そのような考え方はやめましょう。

実際、腰や太ももを揉んだりして何か変わりましたか?

症状があるところに繰り返し施術を行ったところで改善が見られないという事は、”そもそも症状があるところに原因がない”可能性が高いのです。

つまりあなたは、何が原因で椎間板ヘルニアになっているかも分からないまま施術を受けてしまっているのです。

たか接骨院は、全身に着目して整体を行っています。

全身を検査しながら施術を行っていくため、症状がある場所と原因がある部位に関係がないことをお伝え出来ます。

たか接骨院では原因だけを施術するため、ムダがなく椎間板ヘルニアが改善されていくのです。

整体後、あなたはこのような変化を手に入れます。

  • 前かがみをしても、腰やシビレを気にすることが無くなった。
  • 前よりも休まず歩けるようになった。
  • 立っていても腰がツラくならず、家事をしていても気にならない。
  • 足に出ていた違和感を気にしなくなった。
  • 椎間板の影響でヘルニアになっていなかったことが分かった。

椎間板ヘルニアでお困りなら

たか接骨院 院長の佐々木です。
あなたのお悩みを解決します!​

もし、上記のようなことをしても症状が楽にならない場合、あなた自身が対応できる状態ではない、もしくは別の原因による症状であるという事になります。

たか接骨院は、数々の臨床経験から椎間板ヘルニアの施術に対する経験・知識が他院に比べて豊富にあり、問診と検査で全身から原因を見つけて正確に施術します。

今までいろいろなところに通ったが改善しなかったという方は、原因を見つけられない施術家に出会っていた可能性が考えられます。

そして、原因の説明と日常生活での問題点、あなたのライフスタイルを考慮した生活指導をはじめとする日常での立ち方・座り方・体の使い方・セルフケアまでお伝えします。

そこからお伝えできることは、症状のある所に原因があるとは限らないという事。

ですから、あなたの椎間板ヘルニアを改善に導いていくことが出来るのです。

施術は、検査・評価をもとに筋膜・内臓・頭蓋・関節・神経を施術するオーダーメイド整体です。

椎間板ヘルニアでお悩みの方は、ぜひご検討ください。

たか接骨院の整体で、健康的な身体を一緒に作りましょう。

関連するページのご紹介

こちらのページを読んだ方には、下記のページもよく読まれています。ぜひご一読ください。

ホームページを見たあなただけに
特別なご提案があります。

初回お試しの案内画像

ご予約・お問合せ

お電話でのご予約・お問合せ

0178-51-9563

フォームでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

新着情報・お知らせ

2021/12/25
【12月のお知らせ】
12月29日1月4日
年末年始のお休みとさせていただきます。

※12月27日(月曜日)
所用のため、休診となります。

【1月のお知らせ】
日より営業いたします。

※1月1926日(水曜日)
休診となります。

ご予約させれる方は、お早めにご連絡ください。
2020/07/06
「施術メニュー」ページを更新しました
2020/07/03
「選ばれる理由」ページを作成しました

たか接骨院

住所

〒031-0823
青森県八戸市
湊高台4-15-23 アルス湊高台C棟B

アクセス

白銀駅・陸奥湊駅から車で10分

営業時間

※平日9:00~19:00
当日予約は13:00までにご連絡ください)

休診日

不定休(日・祝は、休み)

※出張・所用等により、急遽お休みをいただく場合がございます。ご了承ください